FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い丸弁

Category : Helleborus
IMG_3846.jpg

綺麗な形の丸弁が咲くと、嬉しいです。
究極の美の形なのか?
剣弁咲き・剣弁の変型として続に言うプロペラ咲き
形様々であり、開花が進み最後になると丸弁が多く出る。
はてさて、好みはそれぞれといたしましょう。

しかし、なかなか美しいと…。
何でもない、ピンクのシングルです。

→続きを読む

スポンサーサイト

Ashwood 系Picotee

Category : Helleborus
IMG_3842.jpg

Ashwood 系Picotee
として、3年前にお迎えした小苗が初開花しました。
アプリコット色のスポット丸弁
何とも形容しにくい、今までに無いカラーです。
柿色を含んだような、暖かなお色目に感激。

→続きを読む

紫玉

Category : 秘密基地
IMG_3841.jpg

紫玉(G)
新芽の展開は、地下茎からやって来ました。
ある野生品種のバラが地下茎で広がる事は知っていました。
しかし、紫玉もそれだとは知らなかった。
今の大本は、挿し木からの株で根元から数箇所
地下茎からと思われる新芽を数本確認しています。
これから観察を続行します。

Primura pubescens 赤

Category : 秘密基地
IMG_3833.jpg

名無しのPrimura pubescens
昨年初めて買い求めた3株のうちの1株です。

昨年より、花弁縁の濃淡が出てきました。
中心はベルベットな輝きを放ち
なかなか、シックな様子です。

→続きを読む

おとと

Category : 未分類
IMG_3828.jpg

『ふるせ』(古瀬)
いかなごの2年魚は、こう呼ばれます。
時に、『かますご』とも呼ばれていますが、姿形が似ているから付いた呼び名なだけで、決してカマスの子供ではないです。

イカナゴの成分はドジョウなんかにもっとも近いといわれますから。食べ過ぎに注意!!らしい。
IMG_3827.jpg

リップクリームと比較すると、
大きさが、良く分かります。
これは、ポン酢であがることが多く食べ応えもあります。
そして、油も程よく乗って濃いお味です。
店頭では釜揚げが主流で生での流通は少ないです。

Minleyの蕾

Category : 秘密基地
IMG_3747.jpg

Minley.1982年発表 Green Fancies Auriculas
ピンキッシュレッドのボディカラー
いよいよ、期待の星に蕾を発見しました。
枯らさないように枯らさないように…
大事に大事に育ててきました。
良いお顔で、咲いてくれる事をお祈りしています
初めて見るお花が、てんこ盛りなシーズン到来です。

実生W

Category : Helleborus
IMG_3811.jpg

L殿からの実生株全開花いたしました。
丸弁だと思っていたら、剣弁でした。
すっきりとした花姿は、凛としている。
葡萄色にお色は出ていますが、濃いお色目なのです。
今年は、初開花なので花芽は一本立ちですが
来年は、頑張って数本上がってもらえるように
しっかり管理します。

季節のご挨拶

Category : 未分類
IMG_3798.jpg

いかなごの釘煮
『いかなご』とは?
スズキ目イカナゴ科の魚で、体長約3cmの幼魚。
「いかなご」の「かな」は「糸」という古語に由来し、
その名の通り糸のように細長い魚。漢字で玉筋魚と書きます。
西日本では「いかなご」、東日本では「こうなご」と呼びます。
北日本に多く、全国各地に生息。冷たい水を好み、
水温の上がる夏には砂に潜って休眠する性質があり、
12月頃から産卵を始め、春先になると瀬戸内海に回遊してきます。
春頃が旬で、この時期(3月~4月)にしかとれません。
「いかなご」は鮮度落ちが早いので、すぐに持ち帰り調理します。
出来上がりがさびた古釘に似ていることから、「くぎ煮」と名づけられたそうです。

→続きを読む

丸弁 double

Category : Helleborus
IMG_3770.jpg

昨年度買い求めたお花です。
Pink色の吹っかけた様な柔らかな色目で
カップ咲きの外側は同色のVein
一際美しく、儚げに咲いているのです。
IMG_3772.jpg

遅咲きのお花ですが、さて来年は?

→続きを読む

外玄関より

Category : Helleborus
IMG_3759.jpg

開花株ゾーンの紹介。

こちらは、外玄関の外壁沿いになります。
南に面しており大変日当たり良好で、E-所です。
鉢管理しているお花の、冬場の定位置はここに決まっています。
皆さんが、愛でてくれるのでお花も喜んでいるはず。

ちなみに、
冬が過ぎれば鉢管理の薔薇の定位置となる事は言うまでも無い。

CORYDALIS ETE 407 yusham

Category : 秘密基地
IMG_3729.jpg

L殿から頂戴した、レアーな植物
とても、小さなお花は綿棒の先位で、葉は灰色です。
地植えしてグランドカバーのように配置してみました。

送り主いわく…。地植えしても良いの???
(良く増えるという意味)
大丈夫です!
基地の発展は、まだまだ続くから…

H.argutifolius

Category : Helleborus
IMG_3719.jpg

H.argutifolius
Green 丸弁梅花様カップ咲
お花が緑だと、華やかさには欠けますが、
醸し出す全体の雰囲気は、野性味溢れて個性的です。
まるで梅の花の様で、雌蕊とのバランスは崩れない。

→続きを読む

ひねた株から

Category : Helleborus
IMG_3732.jpg

印象的なお顔で、私はいつ手に入れたのか???
それほど、記憶に無かったお花でした。
タグを見れば、確かに出所ははっきりしている
昨年開花株を買い求めたらしい。
昨年の秋に植え替えした時、調子が悪く5号スリットに
格下げし、養生していた物が咲いていた。

→続きを読む

H. foetidus

Category : Helleborus
IMG_3689.jpg

H. foetidus
原種の一つです。
そろそろ、原種系が充実してきました。
特徴的な、鈴咲きのお花は背高のっぽで口紅付き。

この品種は、なぜだか寿命が短い様で、
花の終わり頃の株元に新芽の展開がなければ…昇天。
この株は、一本だけだったので、深植えして更新を願いました。
駄目なら…。
種で更新する事が必須!


Queen of the night

Category : Helleborus
IMG_3695.jpg

3年前にQueen of the nightの小苗を購入
初開花を迎えました。

お友達の持つ、同品名のお花とはやや違っているような…。
改めて、固体変化の広さを確認しました。
いくら違うとはいえ、やはり似た所もあるはず。
また確認してみよう。

育種方法の違いも、大きなキーポイントではないかと
考えます。
例えば、この品種以外であっても、それは言えている事を
多々感じるのです。
例えば、バラなどは肥料や気象そして気候によって影響されて
いることが、明らかです。

→続きを読む

Sさんからの小苗

Category : 秘密基地
IMG_3687.jpg

昨年の夏に、頂いた小苗です。
タグには糸ピコと記載されてのお迎えし、
育種していました。
株の成長は、緩徐だったのにも関わらず
強制的に、地植えをしてみたのです。

勿論、ポットで管理するのが一番なのですが、
今回感じた事は、小さくとも地植えでも可能!
小さい株は、今年の寒波で随分痛みました。
ポットだと全面から寒波の影響を受け、
地植えだと、地表部のみで根っこまで
凍てつかなかったと感じました。

→続きを読む

Primura pubescens 紫

Category : 秘密基地
IMG_3665.jpg

名無しのPrimura pubescens
昨年初めて買い求めた3株のうちの1株です。

昨年は、もう少しベルベットな感じの紫色だった…
記憶とは不確かな物ですね。
肥料過多で枯死させる事に怯えて育種して開花に至りました。

20060312195733.jpg

昨年度のお花を確認したら…実は薄かったのです(爆)
嘘をついてしまって、ごめんなさい。

→続きを読む

Semidouble

Category : Helleborus
IMG_3659.jpg

Pink色のスポット半剣弁咲きGreen ネクタリー
去年は、ネクタリーがYellowだった記憶が…。
今年は、違うお色で出現しました。

→続きを読む

HC投売りから

Category : Helleborus
IMG_3651.jpg

安かろう悪かろうとは、品質と価格の関係を比喩して使われます。
しかし、そうでないこともあります。
私の場合、棚からぼた餅(爆)
ようやく地植え組が咲きそろい始め、
新たな発見の連続に、喜びの小躍りが絶えない今シーズンです。
このお花もその一つで、白色のスポット丸弁

→続きを読む

Blue Moon

Category : Helleborus
IMG_3582.jpg

3年前にBlue Moonの小苗を購入
初開花を迎えました。

Helleborusは品種の個体差が大変大きく
メリクロンと呼ばれる品種以外では
全てが違うと言っても過言ではない。
そして、名が付いていてもどれが何か???
なので、本当のBlue Moonを知らないのです。

情報交換の場は、同年度に、同じナーセリーで同じ品種を
買っている同志に訊ねるのみ…。
それであっても、違い過ぎるのです。

だって…私のお花はSemidoubleなんです。

→続きを読む

Ushbaの開花

Category : Helleborus
IMG_3579.jpg

以前ご紹介したex Ushba という品種
白と聞いていましたが、やや違い
柔らかなLemon色で、爽やかさ抜群
初年度の実生開花なので、来年に期待します。

→続きを読む

紫蘇色と呼ぼうかな…

Category : Helleborus
IMG_3517.jpg

注釈には、好んで日本の伝統色を使いたいと
かねがね思っておりますが、中々難しい。
今回も、赤紫をどの様に形容しようかと考える。

Purplish red(英)

京紫(きょうむらさき)
赤みの紫。古代紫(こだいむらさき)とも呼ばれ、青みの江戸紫と引き合いに出されることが多い。

→続きを読む

一番の古株

Category : Helleborus
IMG_3481.jpg

Whiteの半剣弁
ただそれだけの、シンプルなお花
このお花は、母が随分前に小苗で買って来た物です。

小苗を枯らさずに、植え替えもせずただ
悪戯に時間だけが経過しました。
購入後3年目開花もせず葉っぱばかり
知人に相談し、そこで初めて植え替えする。

その翌年めでたく初開花を迎えたのでした。

→続きを読む

カレンダー(月別)
02 ≪│2006/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

treetop

Author:treetop
花 華 探して
東奔西走

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。